SScホーム > 教えて! SSc > SSc設立趣旨書
SSc設立趣旨書
先日あるスポーツクラブのホームページの掲示板で次のような意見の交換がありました。
「私はバレーを中学校の部活で始めてやりました。もっとうまくなりたいんですが、部活のほかにバレーを教えてくれるところがあったら教えてください。」
「最近同じような質問をよく見かけますが、残念なことに学校の部活以外で中学生にバレーを教えているといった情報は聞いたことがありません。小学生と違って、学校単位で試合や大会が行われるためでしょうか。きっと難しいものがあるんでしょうね。力になれなくってごめんなさいね。」
このような思いは小学生のスポーツクラブに携わってきた指導者のほとんどが共通に持つ思いだと思います。小学校でスポーツに親しんできた子供たちが中学校の入り口でどんどんふるい落とされていく。それも、能力がないという理由ではなく、単に「その中学校に自分がやりたい部活動が無い」「良い指導者がいない」という理由でスポーツから離れる子供がたくさん居ます。こんな子供たちに「地域」や「校区」「学年」に関係なく、自分がやりたいスポーツを思う存分できる場所を提供できないだろうかと考えてみました。
小学校から中学校への入り口のことを考えていると、今度は子供が始めてスポーツを始める入り口が気になってきました。何かスポーツを始めようと思っても、そこにはその地域にある既存のスポーツクラブしか選択肢は無いわけです。子供たちが、「自分はどんなスポーツが好きなんだろうか」「どんな能力があるんだろうか」などということを経験したり学んだりする機会も無いままに、とりあえずそこにあるスポーツクラブに入ってみるわけです。もしそのスタイルや環境が自分にあわなければ、その子供のスポーツライフはその入り口で頓挫してしまうのです。
力は弱いけど走るのが得意な子供もいるし、俊敏な動きはできないけど体力はあり余っている子供も居ます。スポーツに合わせた自分を作るのではなく、「自分はこんな特徴があるんだ」ということを知って、自分にあったスタイルのスポーツを探すことができれば、子供は無理をせずにスポーツを始めることができます。
同様に、成人がスポーツを始める場合にも全く同じような問題に行き当たってしまいます。「何かスポーツをしてみたい」と思っていても自分がどんなスポーツに向いているのかもわからず、どこに行けばどんなスポーツクラブがあるのかもわからないなかで、ただ、「スポーツをしたいなぁ」と思っている人がたくさん居ます。
そういう人達に多様なスポーツに共通する基礎的な運動を体験できる環境を提供し、そしていろいろなスポーツクラブを体験する機会を提供することができたら、それだけでスポーツライフを豊かにすることができるのではないかと考え、行き着いた結果が地域に根づいたクラブチームの結成でした。小学生から大人まで、健康のためにやるもよし、強くなりたくてやるもよし、でも、根底には誰にも強制されない自発的な「楽しむスポーツ」がある。スポーツとは学校体育や年代といった「枠」にとらわれることなく、それぞれがそれぞれのスタイルで生活の一部とみなし、親しみ、楽しみ、リラックスできるものではないか、最初から教育としてのスポーツ、勝ち負けにこだわったスポーツを押しつけるのではなく、まずは楽しく、そういう裾野を広げ、そして、最終的にはそこから日本を代表するような選手が出てくるかもしれない、そういったクラブができたら楽しいだろうと思います。
しかし、そのような活動を行っていくには個人の力では限界があります。賛同してくれる仲間を募り、地域の行政施設を活用した幅広い活動を行わなければなりません。また、地域団体やスポーツ団体及び職域団体などと連携しながら活動していくためには社会的な信用を得ることも大切なことです。この活動を展開するために特定非営利活動法人を設立することを計画しました。
C O N T E N T S
SSc設立趣旨書
〒803-0268 北九州市小倉南区高津尾12番10号
TEL 093-453-1531 FAX 093-453-1530