SScホーム > 教えて! SSc > SScの活動 > スポーツチームの支援事業
■スポーツクラブの運営事業
■スポーツ教室開催事業
■スポーツイベントの企画運営事業
■スポーツチームの支援事業
■団体や企業のスポーツ活動支援事業
スポーツチームの支援事業

昔は野球のグラブなんて高価なものを持っている子供はあまりいませんでした。それでも、守備側チームのキャッチャーと内野手の数だけグラブがあって近所に空き地があれば、十分野球を楽しむことができたものです。

今では、何かスポーツを始めようと思ったら、一通りの用具にユニフォーム、グランドや体育館の使用許可、各種団体への登録・・・・気が遠くなるような手順を踏まなければスポーツを始めることができません。指導者は「近所のおじさんおばさんではダメッ!!」と指導者資格の取得を要求され、それでも人気のスポーツだったら黙っていても子供が集まってきますが、オリンピックに出場を逃すと瞬く間に子供の数が減っていきます。
スポーツチームを作るのは大変。運営していくのはもっと大変。でも、大変大変では何も進みません。一歩踏み出してみたら…何とかなるものです。
SScは、そんな勇気ある一歩を踏み出そうとしている人たちを応援するNPOです。蓄積してきたノウハウを活用して、スポーツチームを始める人、スポーツチームの運営で困っている人、何かスポーツに関わっていきたい人たちを応援する活動を行っています
■スポーツチームを作りたいと思ったら…
統括団体との連絡
スタッフ/メンバーの募集
練習場所の確保
会規約の作成と設立総会の準備
各種手続きのアドバイス
設立資金と初期費用の設定と確保
…など様々な準備が必要です。
SScではスポーツチームを計画している人たちに、必要なマニュアルを提供していきます。
■スポーツチームの運営がうまくいかなくて…
メンバーが集まらない
  • 学校や地域団体にきちんと説明していますか。
  • 近くに同じスポーツのチームや、参加者が競合するスポーツチームがありませんか
  • 練習日の設定と学校の行事やクラブ活動が重なっていませんか
  • チームの独自性を打ち出していますか
チームを作ったらメンバーを確保するのが運営する人たちの責任です。ただポスターを貼ってまわるのではなく、地域の人たちときめ細かに交流しながら輪を広げていったり、場合によっては競合するスポーツチームと話し合ってみるのも一つの解決方法です。
スタッフが足りない
  • 知人や身内だけにたよっていませんか。もっと幅広く声をかけてみると、意外なところにやってみたいという人がいるものです。また、練習時間の設定を変えたり、練習日を分けることで解決することもあります。
運営費用が慢性的に不足している
  • ほとんどの場合、会員が思ったように集まらなかったか、初期費用の設定ミスです。早い時期に是正しないと運営が行き詰まってしまいますが、だからといって会費を値上げすれば会員がますます集まりません。
  • もっと抜本的な解決方法が必要です。
練習日を増やしたいが練習場所が確保できない
  • 一つの体育館やグランドにこだわっていませんか。
  • 探してみると、公共の練習場所は意外とたくさんあるものですよ。
保護者との交流がうまくいかない
  • 基本的には双方のコミュニケーションの問題ですが、会規約を作成してスタッフと保護者の役割分担を明確にすることや、連絡網を整備して学年別、地域別といった組織割を作り直すことで改善されるケースもあります。
  • また、保護者に割り当てている役割を見直して不要なものをカットしていくのも一つの解決方法です。
SScでは、チームを運営していく上で起こる上記のような種々のなトラブルへの対処法をアドバイスしています。
■大会や練習会の企画が難しくて
手作りの大会といっても、準備から最後の結果報告まで大変なエネルギーを必要とします。
開催要項の作成
会場確保
参加募集
組合せの作成と通知
パンフレット作成
駐車場の確保と誘導
弁当の手配と配達 etc.
 
SScでは様々な大会のスタイルに合わせた運営マニュアルを作成しています。
■今年は例年と違う合宿をしてみたい
一口に合宿といっても、練習主体の合宿から、遊びの要素の多い合宿までさまざまなスタイルがあります。毎年同じところに行っていると、「今年は違うところに行きたい」という要望も出てきます。夏休みに入ってから思い立っても、すでに公共の施設は満杯で・・・といったケースもよく見られます。
SScではチームの要望に添った様々な合宿のスタイルを提案していきます。
C O N T E N T S
SScの活動
〒803-0268 北九州市小倉南区高津尾12番10号
TEL 093-453-1531 FAX 093-453-1530